中古車査定の体験談

中古車査定に関する体験談ならこのサイトへ

喫煙車はすべて価値が下がるのか?

「喫煙車は価値が下がる」というのは業界では有名な話であり、これは事実なのです。
私はいろいろな買い取り業者に査定を依頼したことがありますが、かなりの確率で喫煙車かどうか聞かれます。
ある査定士の方の話によると、喫煙車は5万円くらいは価値が下がるそうです。
ただ、これは喫煙の頻度によっても変わるため、減額の幅には開きがあるとのことです。
ヘビースモーカーの方ですと、7万円以上も査定額が下がってしまうことがあると聞きました。
タバコのにおいが車内に染み付き、シートもベタベタになってしまいます。
これはプロの業者がある程度改善させますが、禁煙車と同じ状態にはなりません。
そのため、店頭で販売するときも、「喫煙車」「禁煙車」などと表記するわけです。
喫煙車は価値が下がりますが、ほとんどタバコを吸わないという方もいるでしょう。
慢性化したスモーカーではなく、ちょっと気分転換に週に2~3本吸うという方ならば、ほとんどマイナス評価にはならないそうです。
喫煙の頻度が低ければ、車のクリーン機能によってタバコの煙は排出されますから、ほぼ禁煙車と同じような扱いになると聞きました。
買い取り業者に中古車査定を頼むときは、喫煙車かどうか聞かれることがあります。
この場合は、正直にその旨を伝えたほうがいいでしょう。
ウソをついても、業者側が調べると判明してしまうことがあり、そうなると信用を落としてしまうだけです。
私は少しだけタバコを吸っていたのですが、「禁煙車です」と業者に伝えました。
しかし、車内のヤニの状態をチェックされて、喫煙車であることがバレてしまったことがありますので、正しい情報を伝えましょうね。