中古車査定の体験談

中古車査定に関する体験談ならこのサイトへ

車検前に中古車を売るのは得か?

車検期間が長いと、中古車査定ではプラス査定となります。
買い手としても、車検がより多く残っているクルマのほうが嬉しいはずです。
ただ、売り手としては車検を通してから売却するのは得策とは言えません。
古い年式のクルマほど車検取得にかかる費用は高くなり、15万円を超えてしまうことも少なくありません。
しかし、15万円をかけても、査定額でプラス15万円として評価してくれることはありませんので、車検は通さないほうがいいのです。
車検が切れてしまうと、クルマを運転できなくなりますので、業者側としてもレッカー移動をする必要があります。
こうした手数料は買取価格から差し引かれますので、車検が切れる前に売却したほうがいいでしょう。
もし車検が切れてしまった場合は、出張査定による買取を依頼することになります。
買取業者までクルマを運転していくことはできませんので、ネット査定で業者を2~3社ほど選んでから、出張査定を依頼するという流れになります。
中古車査定の前には、車検証は必ず用意しておく必要があります。
名義変更するときに必須であるため、もし紛失してしまうと売却ができなくなります。
この場合は再発行することになります。
査定日に書類関係が揃わないため、その場で売却できないミスが多発しております。
自動車税を納付していない場合は、早急に納めるようにしてください。
ローンの場合も同様であり、完済していないと原則として売却できません。