中古車査定の体験談

中古車査定に関する体験談ならこのサイトへ

中古車査定前には改造は元に戻しておく

中古車査定を受ける前に気をつけたいのは、改造は元に戻しておくことです。
以前、マフラーや下回りの改造車を査定に出したことがあるのですが、市場の相場よりも10万円以上も安くなっていておどろきました。
改造パーツ自体は高価なものですが、ほとんど評価されないどころか、マイナス評価になってしまうようです。
純正パーツの無改造車ならば、市場の相場である70万円程度で買い取り可能だそうですが、徹底した改造をしていたので、業者側が元に戻すための手間賃も含まれていたようです。
査定士の話によると、改造車を好んで購入する方は少ないため、市場に出しても買い手が現れるまでに時間がかかるそうです。
その間、洗車やメンテナンスをして状態を維持しないといけないので、必然的に査定額は下がってしまうとのことです。
改造車を売却する際は、車庫に保管してある純正パーツを持参すると、少し買い取り額が高くなると言っていましたが、脱着の面倒があるため、やはり無改造車として査定に出すよりは評価は下がるとのことです。
車検に通らないような改造車ですと、さらに買い取り額は下がってしまうので、行き過ぎた改造は避けたほうがいいでしょう。
車検適用基準のパーツでも、車検審査基準の変更によって、急に使用できなくなることは少なくありません。
こうしたトラブルを考えれば、やはり純正パーツに勝るものはないでしょう。
改造を検討している方は、中古車査定を受けるときを考慮して、純正パーツは保管しておくといいでしょう。